褒めるディレクションが僕のスタイル(笑)。

INTERVIEW

Art Director

Munehiro Haraguchi原口 宗大

PROFILE

Art Director

Munehiro Haraguchi原口 宗大

2014年1月入社(中途)
アートディレクター
名古屋芸術大学 ビジュアルデザイン 卒

モノを作るのが好きな子ども時代。
小学校6年生の図工の時間に
評価してもらったことを今も覚えている。
ジャンルにこだわらず
幅広いデザインをアウトプット。

Q.1お客様の声を直接聞いて提案する。

――前職もデザイナーをされていたそうですが、LENSに入ってみてどう感じましたか?
LENSに入って気づけばもう随分経ちますね。入社当時を思い出すと、前の職場とはかなり違って驚きました。前職ではほぼオフィスの中でデザイン作業をしていて、お客様の声を直接聞く機会はほとんどなかったんです。LENSに入って初めて、お客様とお会いして、直接お話ししてデザインすることを経験して、クリエイティブってこういうことなんだなぁって。
特に、代表の矢野さんと一緒に打ち合わせに行くと、その場で相手の思いを汲み取って提案していくスピードがめちゃくちゃ速くてびっくり。僕はそこが苦手だったので、そうなりたいなと思いつつも、自分にできることって何だろうって考えて、ひたすら手を動かしてたくさんデザインしました。そうやってたくさんのクリエイティブを作ったことで自分の引き出しが増えたというか、色んなニーズに合わせたご提案ができるという、自分の強みができていったと思います。
もともと、ひとつのジャンルが得意とか好きだとかはなくて、かっこいいものも、かわいいものも好きだし、スッキリしたシンプルなデザインも情報が詰め込まれたデザインも、どっちも好き。そういう自分の特性もいい方向に作用したと思う。誰でも特性や強みがあるから、そこを磨いていくのがいいんじゃないかな。

Q.2デザイナーの自分と、ディレクターの自分。

――特に思い入れのあるお仕事を教えてください。
デザイナーとして手を動かして作ったものとディレクションした仕事の2種類あります。デザイナーとして思い入れがあるのは、丸仙化学工業所様の陶器シリーズ「寿山(じゅざん)」のブランディング。社内コンペで自分の案が採用されて、カタログ制作を、撮影ディレクションからデザインまで一人でやらせてもらいました。制作したものをお客様が気に入ってくれるのはやっぱりうれしいですね。
ディレクションでやりがいを感じたのは、訪問歯科のナカハマデンタル様のコーポレートブランディング。お客様と向き合ってロゴやツールを一つひとつご提案して決めていき、一緒にブランドをつくっていく実感があったし、LENSのチームとしての一体感も味わうことができました。
ディレクションという立場で手を動かさずにクリエイティブを俯瞰して見ると、自分がデザイナーとして手を動かしている時とはまた違うものが見えてきます。デザインをしているだけだと気づきにくいポイントが見えてくる。今も、自分自身がデザイナーを務めるときは、自分で自分をディレクションしながら進めています。「おいおい、大丈夫か?」みたいに。

Q.3自分自身が、そのデザインを心から愛せるか。

――LENSのいいところを一つ挙げるとしたら?
なんでもやれる、ということですね。でもそれって逆に難しくて、例えばお客様にウェブサイトを作ってくださいと言われてウェブサイトのデザインだけを提案するのは、LENSの仕事じゃないんです。お客様の課題を解決するために、もっといい、ほかの提案ができるのがLENSならでは。自由度が高い分、ハードルも高い(笑)。
僕はこの自由の中で、お客様はもちろんだけど、自分自身も愛情が持てる、心から好きと言えるデザインをするということを、自分の基準にしています。そうするとお客様から「ここをちょっと直してほしい」とご連絡をいただいても、自分が好きなものをもっと良くできると思えて、うれしくなる。仕事の中で自分のデザインとずっと向き合っていられる喜びが生まれてくるんですね。
LENSにこれから入ってくる人には、自分のスタイルを築いてほしい。僕は矢野さんにはなれないし、矢野さんも僕にはなれない。だから、自分なりのディレクションをするしかない。同じチームのメンバーもみんなそれぞれのスタイルを持てるようになるといいなって。僕のディレクションは褒めるところから始まるので(笑)、僕がチームにいる安心感の中で仕事をしてほしいな、って思います。

CONTACT

ブランディングに関するお問い合わせや、制作実績に関するご質問など、コンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。