お客様の役に立てる、温かい言葉を書きたい。

INTERVIEW

Copywriter

Yayoi Furuya古屋 弥生

PROFILE

Copywriter

Yayoi Furuya古屋 弥生

2021年4月入社(中途)
南山大学 文学部(旧称)卒

制作会社数社を経てLENSに入社。
書いている時と猫といる時が幸せ。
ヘアドネーションをしたので、
現在はショートカット。

Q.1LENSの仕事がいちばん面白い。

――コピーライターになったいきさつを教えてください。
 昔々の話になってしまいますが、私は新卒でメーカーに入って、広報室に配属されて社内報をつくっていました。でも、一人で担当していて誰も何も教えてくれず、不安で。で、ある時偶然コピーライター養成講座の広告を見まして、何か作文的なことが習えるのかな?と思って受講したら「畳のキャッチコピーを◯本書いてきなさい」みたいな内容で。びっくりしたけど、それがすごく楽しかったんですね。楽しいし、高い受講料のモト取らなきゃだし、と思って頑張ったら結構優等生で、最終課題で1番をもらい、勘違いして転職してコピーライターになったという。今思えばただのお教室の課題に過ぎなかったのに(笑)。でもやっぱりこの仕事が好きで、いくつか会社を変わりつつ、ずーっとやってる感じです。やってきた中でもLENSの仕事がいちばん面白い、手応えが違いますね。プレッシャーが大きくてしんどいこともありますが…。

Q.2経営判断のスピードがすごいと思った。

――いちばん面白いとは、どんなところが?
 やっぱりお客様と直接やりとりして制作していけるところ。そして、素晴らしいお客様と出会えるところ。業界トップシェアのBtoB企業様とか、志の高いスタートアップ企業様とか、こんな素敵な会社様があったんだって日々感動しています。
 お客様と一緒に正面から課題解決に取り組める、こういう経験って、LENSに入る前まではなかなかできませんでした。前職までは広告代理店から依頼されるお仕事がメインで、どうしてもお客様との間に距離があったので…。時間的な面でもハードでした。もちろん充実していたし、ずっと頑張れると思っていたんですが、年齢的な理由もあって体調が急に変わって働き方を変えざるを得なくなったんです。
 そんな時にLENSの矢野代表から「ウチならリモートワークが可能なので、自分のリズムで力を出せると思いますよ」とお声がけいただき、悩んだ末にお世話になろうと決めました。コロナ禍が始まっていち早くリモートワークの体制を取られていた、その経営判断の速さ、柔軟性もすごいなと思って。自分たち自身をどんどん変化させていく感じが。

Q.3自分のやりたいことに、素直にチャレンジしてほしい。

――入社を希望する皆さんに伝えたいことはありますか?
 そうですね…今って就職活動も大変ですよね。どこかの会社に入るのも大変だし、入れば一生守られるという時代でもないし。だけど、それだけに若い人ほど有利ですから。一生勉強し続けなきゃならないのは、社会人みんな同じだから。自分がやりたいことを一生懸命やってみて、自分の強みを見つけて、形にしていってほしいです。LENSだったらそれができると思いますよ。実際若手の皆さんの成長スピードがめちゃめちゃ速いです。
 反対に私自身は長いことやってきたのにまだまだぜんぜんダメで、失敗もたくさん。だけどLENSのみんなは認めてくれてカバーしてくれて、次のチャンスをくれる。温かい会社なんです。だから、ここで長く続けて、お客様の役に立てる温かい言葉を書けるようになりたい。これから社会に出る皆さんも、よければ一緒にチャレンジしませんかとお伝えしたいですね。

CONTACT

ブランディングに関するお問い合わせや、制作実績に関するご質問など、コンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。

ZOOM

zoom無料相談受付中です。

CONTACTよりお気軽にお問い合わせください。