NEWS

【メディア情報】レイマックプレス Vol.109

2017.09.25

経営者・起業家のためのニュースペーパー/レイマッククラブ会報誌「レイマックプレス 2017年9月号 Vol.109」の経営者インタビューのコーナーに、弊社の代表である矢野のインタビュー記事を掲載していただきました。矢野の幼少期からレンズアソシエイツができるまでの経緯等、深い内容まで掘り下げて紹介していただき、ルーツに迫るものとなっています。

     

【メディア情報】LOGO & MARK IN LAPAN

2017.09.15

9月15日発刊の「LOGO & MARK IN LAPAN - 日本のロゴ&マーク集 Vol.4 -」に掲載されました弊社が製作した、DARUMAさん、ADELIAE NAILさん、丸仙化学工業所さん、santecさん、真宗大谷派名古屋別院さん、ETHOS photographさん、ALIGN COUTUREさん、アールプランナーさん、桑原総合法律事務所さん、和牛焼肉じろうや介さん、なごや寺町まちづくり協議会さん、刈谷市まちづくり協議会さん、トガルさんのロゴを取り上げていただきました。(下記写真は抜粋)

                 

【メディア情報】Brilliant Logo

2017.08.30

8月29日発刊の「Brilliant Logo-モチーフでみるロゴデザインコレクション-」に掲載されました。弊社が製作した、GO GREENさん、ADELIAE NAILさん、桑原総合法律事務所さん、ALIGN COUTUREさん、ENDOJI_LABOさん、丸仙化学工業所さんのロゴとその制作意図が載っています。

   

【メディア情報】100万社のマーケティング Vol.12

2017.08.29

8月28日発刊の「100万社のマーケティング Vol.12」に掲載されました。その中の、「地域老舗企業発 “デザイン思考” 経営」というコーナーで、弊社が手がけた丸仙化学工業所さんの器とタイルのブランド「寿山(じゅざん)」のブランディング事例を紹介していただきました。丸仙化学工業所さんとの出会い、弊社のブランディングの手法、クライアントさんのお声など、パートナーとしての歩みを感じさせる記事となっています。

     

【メディア情報】月刊アドセレクト(AD SELECT MONTHLY) VOL.105

2017.08.26

8月25日発売の「月刊アドセレクト(AD SELECT MONTHLY) VOL.105 2017年9月号」に掲載されました。PR誌/フリーペーパー/折込広告の特集で、きらめきタイムズさんとDIG JAPANさんを取り上げていただいています。

       

【メディア情報】デザイナーのアイデア戦略

2017.04.02

4月1日発売の「デザイナーのアイデア戦略 発想を生み出すデザインのスケッチ事例集」に掲載されました。弊社が制作した「ADELIAE NAIL」さんのロゴマークのスケッチ&手描きラフ、弊社のアートディレクター/グラフィックデザイナー白澤真生の「港まちづくり協議会」さんの広告ビジュアルのアイデアスケッチが載っています。どのようなひらめきから、どのような作品が完成したのかがわかる構成になっています。

     

【メディア情報】MdNデザイナーズファイル2017

2017.02.12

2月11日発刊の「MdNデザイナーズファイル2017」に掲載されました。弊社が制作したフリーペーパーやカタログ、弊社のアートディレクター/グラフィックデザイナー白澤真生が制作したロゴやポスターを取り上げていただきました。

   

【メディア情報】カリヤノ Vol.27

2016.10.02

10月01日発行の「刈谷市総合文化センター アイリス・ニュースレター カリヤノ Vol.27」で、指揮者の濱津さんと弊社代表の矢野の対談を掲載していただきました。「デザイン」と「音楽」のそれぞれの立場から考えるオーケストラの展望や、「段取り」について語っています。

     

【メディア情報】アジアン・タイポグラフィ&ロゴ NEXT

2016.07.26

7月25日発刊の「アジアン・タイポグラフィ&ロゴ NEXT-マルチリンガルなデザインアイデア-」に掲載されました。弊社が制作したタイポグラフィ「JIGAZO」とロゴ「じろうや」を取り上げていただきました。また、本誌の前書き(序文)を弊社代表の矢野が書かせていただいております。

       

【メディア情報】中部経済新聞(2016.04.06)

2016.04.06

4月6日の「中部経済新聞」の「夢の裏側」というコーナーに、弊社の代表である矢野のインタビュー記事を掲載していただきました。アートディレクターとして、幼少期から現在までどのような経験・気づきよりレンズアソシエイツを作るに至ったかなど、夢の裏側を記事にしていただきました。